メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント
アンカーポイント

奎閣(魁星楼)

奎閣(魁星樓)

更新しました:2019-12-20

2599

微信分享:

Android点击浏览器右上方 "" 分享给微信好友

iOS浏览器请点击下方 "" 按钮

紹介

金門の人から『魁星楼』と呼ばれている奎閣は、別名を奎楼、八卦楼ともいい、中国五文昌の一柱である魁星を祀っています。金門は以前、県に属していなかったため、孔子廟を建立することが許されていませんでした。金門の若者が科挙(官僚登用試験)を受ける前に合格祈願ができる場所として、後浦に住んでいて、かつて「貢生」の功名を得た林斐章が建立を提案して自ら銀千両を寄附し、1836年に後浦の塗山頭(現在の陳詩吟洋楼そば)に魁星を祀る楼閣を建立しました。楼閣は現在までに170年あまりの歴史があり、2度の改修工事(1944年と1963年)を経てもなお当時の精巧かつ古風な姿が残され、県の古跡に指定されています。

奎閣は一棟二楼三簷正六角形建築(閩南の伝統的な建築)で、全体的に採用されている簡潔明瞭な木造の建築技術により、建物の素朴さが強調されています。毎年受験の時期になると一連の祭事イベントが開催され、受験生の願いである合格を祈ります。

観光スポット情報

管理ユニット 金門県観光局

アドレス 台湾金門県金城鎮珠浦東路43号前

営業時間 全日

チケット 無料

旅行時間を推奨

0.5時間

交通情報

周りによい旅行

Top