メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント
アンカーポイント

金城鎮遺跡

金門城
4.1

木曜日:24時間昼夜営業

更新しました:2019-11-01

3703

微信分享:

Android点击浏览器右上方 "" 分享给微信好友

iOS浏览器请点击下方 "" 按钮

スポット攻略法

城楼に登り、明遺の街並みを一望

北門近くには3つの博物館:明遺古街故事館、酒郷文化館、黄天佑紀念館

南門は金門酒造場旧金城工場への入口

紹介

金門の歴史は元帝(東晋)の建武元年(317年)にまで遡ります。明代には海賊の侵入を防いで住民を守るために「千戸所城」が建設されました。明が清に抵抗していた時期、金門城は主要な町でしたが、清の康熙19年(1680年)に総兵陳龍が総兵署を後浦に移した後、金門城は次第に衰退しました。金城鎮遺跡
金門城には東西南北4つの城門があり、古くから「東に面する古崗は人が多いので、人を求めるなら古崗へ。西の水頭は旅商人が集まるので、稼ぎたいならそちらへ。南門の外は港なので商業が繁栄する。北門は燕南書院がある燕南山に面するので、官職と名声を求めるならここへ!」を意味する「要丁東門外、要富西門外、要興南門外、要官北門外」という言葉があります。金城鎮遺跡
現在では、金門城の四隅にはそれぞれ形式が異なる新しい城門楼が建てられており、中でも金門酒造場の入口でもある南門、北門そばの古くて素朴な石板街や有名な明遺老街は訪れる価値が高い場所です。金城鎮遺跡明遺旧市街
もっと見る>>

観光スポット情報

アドレス 台湾金門県金城鎮金城鎮遺跡

営業時間 日曜日:24時間昼夜営業
月曜日:24時間昼夜営業
火曜日:24時間昼夜営業
水曜日:24時間昼夜営業
木曜日:24時間昼夜営業
金曜日:24時間昼夜営業
土曜日:24時間昼夜営業

チケット 無料

旅行時間を推奨

0.5時間

交通情報

周りによい旅行

Top